そもそもなぜ歯が黄色くなるの?

本来白い歯が黄色くなるといった現象は必ず理由があります。主にその理由としてまず考えられる事が飲み物類の付着物、タバコのやにの付着物が考えられます。あなたは心あたりはありませんか?

歯の黄ばみは飲み物類が原因だった?!

飲み物と言っても今の時代たくさんの種類があります。その中でも特に歯に黄ばみを与えてしまう代表的なのが。紅茶赤ワインコーラコーヒー等があげられます。これらの飲み物には歯にとって着色性が強く日常的に摂取していると毎日歯を磨いているつもりでも気ずかず内にいつの間にか歯が黄ばんでいるなんて事も珍しい事ではありません。これらの対策としては日常的に頻繁に口にするのはなるべく避けるようにして、どうしても我慢できないのであれば、飲んだ直後から30分後にしっかり歯を磨くという習慣を心がけたいものです。ポイント1⇒なぜ30分後なのかというと、これらの付着性の強い飲料水を飲んだ後、すぐに歯を磨くと歯のエナメル質を傷つける原因となるためです。

タバコを吸うといつまでも歯は黄ばんだまんま!(要注意)

歯の黄ばみを気にされる多くの方が喫煙者であると思います。タバコにはタールという成分が含んでいます。そのタールはタバコが燃えるときに熱で分解され口内で充満し、いわいるその分解された物質がヤニであり、しかもそのヤニは歯に付着しやすいので喫煙者が本気でピカピカの歯を手に入れたければ正直な話しタバコをやめる事をおすすめします。

ホワイトニング用歯磨き粉は必須

歯の黄ばみの原因である飲み物をよく口にする方、もしくは喫煙者でタバコを吸う方は特にホワイトニング用の歯磨き粉を使う事をおすすめします。なぜ必ずしもホワイトニング用の歯磨き粉の方がいいのかと言うと、ホワイトニング用の歯磨き粉にはもちろん普通の市販の歯磨き粉と比べると歯についた着色を浮かせて汚れを落とす成分がしっかりと含まれているためです。

そこで当サイトも推奨する天然成分でできたホワイトニング用歯磨き粉がこちら⇒キラッとホワイト

歯を磨く時間がとれない場合は食後のうがいは必須

食事を摂った後やコーヒー、コーラ、ワインなどの付着の原因とされる飲料水を摂った後はこまめにうがいする事でだいぶ変わります。どうしても歯をみがく時間のとれない場合とかにはうがいだけでもするよう心がけていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です